【NEW】2021.刈屋さちよ+猫庭 ”少女と猫”【ホワイト】3色展開 ★全国送料無料★
【NEW】2021.刈屋さちよ+猫庭 ”少女と猫”【ホワイト】3色展開 ★全国送料無料★
【NEW】2021.刈屋さちよ+猫庭 ”少女と猫”【ホワイト】3色展開 ★全国送料無料★
【NEW】2021.刈屋さちよ+猫庭 ”少女と猫”【ホワイト】3色展開 ★全国送料無料★
【NEW】2021.刈屋さちよ+猫庭 ”少女と猫”【ホワイト】3色展開 ★全国送料無料★
【NEW】2021.刈屋さちよ+猫庭 ”少女と猫”【ホワイト】3色展開 ★全国送料無料★
【NEW】2021.刈屋さちよ+猫庭 ”少女と猫”【ホワイト】3色展開 ★全国送料無料★
【NEW】2021.刈屋さちよ+猫庭 ”少女と猫”【ホワイト】3色展開 ★全国送料無料★

【NEW】2021.刈屋さちよ+猫庭 ”少女と猫”【ホワイト】3色展開 ★全国送料無料★

¥ 2,890

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Free shipping fee

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥ 0
Report

【NEW】2021.刈屋さちよ+猫庭 ”少女と猫”【ホワイト】3色展開 
★全国送料無料★

てしま旅館、猫庭のデザインをサポートしてくださってる
”刈屋さちよ”さんの作品。

館長が小学3年生の頃に描いた猫庭のロゴを
全身にし動作をつけてくれました。

少女は館長???かわかりませんが、
猫と少女が向き合った愛らしい作品です。


※注意事項
サイズにより、絵がずれます。写真はMサイズです。


■グラフィック:刈屋さちよ
■猫庭ロゴデザイン:猫庭館長 手島姫萌

★刈屋さちよ さん公式HP
https://kariwagoko.wixsite.com/sachiyo-kariya


素材:綿 100% セミコーマ糸
※グレー色のみ:綿 90%、ポリエステル 10%

旅館と保護猫施設【猫庭】とは!?

てしま旅館の猫庭は山口県の殺処分0を目標に掲げてクラウドファンディングに挑戦し、多くの方々のお力添えにより2016年6月に保護猫シェルターとして完成いたしました。

2017年11月には更に多くの保護猫を受け入れるため、2階建てになり、今では年間100匹以上の猫ちゃんと里親を繋げる事が出来ています。

それぞれの猫に個性があり、すべてが可愛く、病気になれば、時に悩み、里親が決まれば、時に泣き、いままでの旅館経営では味わう事の出来ない豊かな感情をみんなで共有しています。

動物を愛する気持ちは人それぞれです。ただ、動物を愛し、丁寧に優しくするその心は、必ずお客さまへのおもてなしにも繋がると日々感じています。

実際に、お客様との対話が猫を通じて格段に増え、多くの温かいお言葉をいただくようになりました。

今では猫庭を楽しみにご来館くださる、リピータのお客様もたくさんいらっしゃいます。

【猫庭物語】

旅館の仕事の合間に、ふと中庭に目をやると30匹の猫たちが思い思いに遊び、くつろぐ姿。
この姿を見る度に癒され、日々の忙しさを忘れる瞬間です。

(ああ、猫庭を作って良かった。)
心からそう思える瞬間でもあります。

【多くの猫が殺されている】
思い返せば、2年ほど前。
私はテレビのニュースに釘付けになっていました。

“犬猫の殺処分。
それも、ここ山口県では全国でも突出した数の猫が殺処分されているだなんて。。。”

これは今に始まった事ではなく、これまでもニュースでは流れていたんでしょう。
ただ私自身には、そのニュースを見るまで『その痛ましさに気付く視点』がなかったんだと思います。

【猫嫌いだった私】

実は、かつて私は大の猫嫌いでした。
それがどうして猫の保護活動を始めたのか。
それは、あのニュースの更に数年前の年の瀬の出来事でした。

子供たちがやってきて、こう言います。
「ねぇ。。。猫ちゃん、飼っても良い?」
よくよく話を聞いてみると、

・近所に住み着いた野良猫を飼いたい。
・一緒に暮らすことが出来ないか?
と言う内容。

「猫と暮らす!?絶対無理!」
猫嫌いだった私は子供たちの頼みを突っぱねようとしました。
「こんなに寒い中で追い出すと死んじゃうよ。。。お願い!」

確かにその日はとても寒く、子供たちの想いに押される形で「面倒を自分たちで見るのなら」と言う条件で許すことにしました。
ここから猫嫌いだった私の人生初の猫暮らしが始まったのです。
ところが。
いざ一緒に暮らして見ると、猫に対するイメージは今ではガラリと変わってしまいました。

嬉しい時はグルグルと喉を鳴らし、構って欲しくない時はそっぽをむく。知的でツンデレ。

そんな魅力に取り憑かれ、私自身がよそ様には見せれないぐらいに溺愛してしまい、気がつけば4匹の猫ちゃんを保護し共に暮らすことになっていたのです。

どうやら、嫌い嫌いと思っていた私の猫嫌いは「猫は不衛生で害がある」などという誤った先入観から来ていたようです。

【猫庭誕生】

前述の「痛ましい殺処分のニュース」を目にしたのは、ちょうどそんな時でした。
(何か自分たちで出来ることはないだろうか。。。)

すぐに家族会議が開かれ「旅館の中庭があるから、そこに猫のお家を作ったらどうか?」と言う思い付きから一気に夢が膨らむ事に。

そして、同年6月には無事に猫庭を完成させることが出来ました。
更にその翌年には、2階建てとなり現在に至っています。

これもひとえに、クラウドファンディングを通じて「私たちの想い」にご賛同・ご支援いただいた皆様のお陰です。

【猫庭の今】

こうして猫庭は2016年6月にOPENして以来、毎年100匹を超える猫ちゃんを新たな家族へと繋ぎ、今でも猫庭には30匹の猫ちゃんが暮らし命の循環が行われています。

子供達が中心になり、受け入れた猫ちゃん1匹1匹の特徴や性格、日々の健康状態を把握し、家族同様に思いやり、365日休む事なく向かい合い、愛情をたくさん注いでいます。

もちろん、ただ受け入れるだけではありません。

・感染症の予防接種
・猫ちゃんの去勢・避妊
・病気の治療

などを始め、受け入れと同時に譲渡へ向けての取り組みも行っています。

旅館で培ったおもてなしの気持ちを持って、お客様をお迎えし、丁寧に猫ちゃんの性格や健康状態などを伝えて、新たな家族の元へと巣立たせる。
こうして、譲渡と新たな受入を繰り返し、命の循環を作っています。

受け入れた猫ちゃんに、たっぷりと愛情を注ぐぶん、新たな家族が決まった時には、嬉しさと寂しさで子供達も涙しています。

でも、新しい家族から送られてくる猫ちゃんの写真を見ると『やっててよかった・・・』と言う達成感が生まれそれが新しい命を繋げる原動力になっています。

【今なお、皆さまに支えられて】

ここまでお伝えしてきたように、私たちの小さな想いから始まった猫庭は、
・クラウドファンディングを通じてご支援いただいた皆様
・ご宿泊いただくお客様
・「猫庭日和」や猫庭グッズを通じて遠方よりご支援下さる皆さま
を始め、当旅館に関わって下さる皆様に支えられています。

日々、感謝の念を禁じえません。
皆さま、改めましてありがとうございます。

猫庭の外観